読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おさしみ食べたいンゴ!

今年は10万馬券当てたいです

SHOW THE FLAG!!

f:id:BLUEs0504:20161121215636j:image

2016シーズン振り返ると充実した実りの多いシーズンだったと思います。

団結するところでまとまることができる。この環境が凄く好きです。また来年以降もこうして継続することができればと思います。

さてさて、最終節のお話です。

今年の最終戦は二つの試みをしました。一つは毎年恒例のコレオグラフィ

もう一つはSHOW THE FLAG(旗振り)大作戦です。

例年ですとひとつの試みに一極集中というか…それの成功のためにひたすら頑張ったのですが、ふたつの試みを同時にチャレンジするというのは初めてだったもので、自分たちの組織としての体力やその他諸々がしっかりと起承転結を果たす事が出来るかどうかその壁の打破に挑んだ二つ同時の試みでした。

導入部分がプロジェクトXみたいですが、どうぞ最後まで楽しみくださいね。

 

〜試合前日〜

話は山口戦の前日まで遡ります。自分の旗を新しく作り、当日に旗を貸していただける段取りを済ませある程度終わったかと安堵の表情を浮かべていたのですが、おさしみの携帯に着信が。

「今から旗作るから家にこいよ!」

 

えぇ…!なんだってぇ!?(マスオさん口調)

スネアの方から緊急招集がかかりました。急いで彼の実家に。

f:id:BLUEs0504:20161121221300j:image

材料はすでに揃っており準備は万端でした。時刻は夕食どき、スネアが言いました。

「今からてっぺん(0時)くらいを目標に旗を作るから」

おぉぉ…

f:id:BLUEs0504:20161121222544j:image

 

作業がはじまりました。

f:id:BLUEs0504:20161121222657j:image

f:id:BLUEs0504:20161121222742j:image

おさしみは一枚の布に棒を差し込む部分を設けて割と簡易な旗を作るのかと思ってましたが、ちがいました。

旗の柄を一枚一枚違うデザインにするとのことです。そういうわけで布にハサミを入れ始めました。

内心こう思いました…

f:id:BLUEs0504:20161121222544j:image

先は長いですが、千里の道も一歩から。頑張ります。

 

f:id:BLUEs0504:20161121223253j:image

布を丁寧に切り分け布同士を合わせます。

おさしみは思いました。よっしゃ!これを適当に縫い合わせて終わりやんけ!!はやく終わったし帰って家で寝たろ!!

 

ズガガガガガガガガガガガ!!!!!

f:id:BLUEs0504:20161121224125j:image

f:id:BLUEs0504:20161121224139j:image

f:id:BLUEs0504:20161121224151j:image

f:id:BLUEs0504:20161121224202j:image

本格的かよ!!!

実家が洋服屋さんでした。

リアルな仕立ての職人が数人がかりで決して洋服のためにではない布を縫い合わせてくれている様は申し訳ないというかありがたいというかなんというか。

僕はただただ何も出来ずに見守るばかり。ついでに夜ご飯まで呼ばれちゃって。完全に穀潰し状態。

あろうことか夜ご飯食べたらウトウト…。

ハッ…!?完成してる!!

f:id:BLUEs0504:20161121225122j:image

f:id:BLUEs0504:20161121225347j:image

ブラボー!!デザインもカッコいい!!

 

気分が乗ったのか家でブンブンしました。

 f:id:BLUEs0504:20161121225446j:image

f:id:BLUEs0504:20161121225532j:image

割れる!お母さん蛍光灯に当たるよ!!室内じゃ危ないですよ!!!

 

というわけで、みんなでお外で

f:id:BLUEs0504:20161121225938j:image

みてください!ここぞとばかりに穀潰し(CUBEの右側)が後ろで躍動してます! 

 

あらためて…

 f:id:BLUEs0504:20161121230320j:image

良い旗が出来上がりました。

それもこれも職人の皆さんのおかげです。

おばあちゃん、おじさん、おばさん、ママありがとうございました!!

この旗は今後貸し出しをしてサポーターの皆さんにぜひ振っていただきたいと思います。小さい旗なので振りやすいですよ!皆さんぜひ!!

 

こんな形で最終戦の前日を過ごしました。

残すは明日の本番。

続きはまた次回!

ご覧いただきありがとうございました。

広告を非表示にする