読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おさしみ食べたいンゴ!

今年は10万馬券当てたいです

悪の枢軸

f:id:BLUEs0504:20170122222446j:image

 

こんばんは

昨日は毎年恒例の悪の枢軸プレゼンツ競馬大会でした。この悪の枢軸というのは僕が普段とてもお世話になっている水戸サポーターの方々の非公式グループで社会的にまともなステータスを兼ね備えているにも関わらず嫌味がなく気持ちの良い方たちばかりでそれでいてユーモアたっぷりで僕にいつも会心の笑いを提供してくれている集団なんです。その悪の枢軸のリーダーであるうすいさんと久保先生がオフシーズンであるこの時期に若輩者である僕とスネア君をわざわざ呼んでくれて去年から参加させていただいているのです。割と冗談抜きで僕が頭の上がらない2名の先輩なんです。

ということで、中山競馬場のゴンドラ席は競馬場の5Fあたりにあります。

f:id:BLUEs0504:20170122220047j:image

 

いい眺めなんですよ、これが。

サッカーにも競馬にも言えるのですが、やっぱり生観戦が一番なんですよね。観る座席によって楽しみ方が異なるというのもサッカー観戦とまた同じでこの日は普段慣れ親しんでいるいつものゴール板前の立ち見とは違う、少し優雅な気分で競馬を観ることができました。

しかし、観る座席の種類を変えれどこの日も馬券は一向に当たらず……。何か僕に当たらない力が働いているとしか思えないハズレっぷりでみるみるうちに馬券がただの紙くずになっていきました。

ひとつ言い訳をさせていただければと思うのですが、この日の中山はほとんど荒れることのない展開が多く、穴党の僕にとってはアゲインストな風向きだったんですよね。かといってミスターリーディングの戸崎Jを本命にすればこれもハズれる。ようするに予想が下手なんですね、単純に(笑)

しかしですね、僕は当たらずともこの人が当てました。

f:id:BLUEs0504:20170122220140j:image

穴馬ズバリ三着。これぞ複勝の醍醐味。直線の短い中山競馬場で測ったかのように差し脚が三着にピタッとくる。これを読んで的中させるのは流石としか言いようがありません。

今年もアウェイ遠征では大変お世話になります。

 

一日競馬を楽しんでそのあとは水戸に戻り、悪の枢軸の他のメンバーの方々も合流して悪の枢軸新年会に参加させていただきました。

とっても楽しかったです。

年齢と性別の壁を越えたサポーター同士のこの交流は毎回癖になります。

かつて阿字ヶ浦の神童と呼ばれた小池さんという人がいるのですが、この日はこの小池さんが凄まじいキレ味でずっとお腹抱えて笑ってました。この方は先ほど紹介しましたが、幼少期は阿字ヶ浦の神童と呼ばれ中学時代は3年間学年一位(学年26名)、その後は水戸市内の某名門進学校に進み野球部に所属したそうです。とある雪の日の練習で技術と精神の向上を図るために上はユニフォーム、下は何も履かないというスタイルで雪のなかノックしたという嘘か本当かわからない逸話が残っている人なんですよね。なんとか天才は紙一重なんて言いますけど、早稲田大学に進学しているあたり小池さんは天才なんだと思います。

 

そんな形で一日楽しいことづくめでした。

今年も一年間楽しくホームアウェイ問わず観戦できそうです。

悪の枢軸の皆様ありがとうございました!

 

 

 

広告を非表示にする